エンジニアリングサンプル(小ロットプロトタイプ)

エンジニアリングサンプル(小ロットプロトタイプ)

2022-03-21

新製品の開発と製造の伝統的な方法は、最初に型を作り、次にその型を大量生産に使用することです。この方法のリードタイムは非常に長く、製造コストは非常に高くなります。工具費を分担するのに十分な量が必要です。
しかし、インターネットの急速な発展に伴い、少量生産の注文がますます一般的になっています。時には、1つの注文で数百にすぎないこともあります。従来の製造方法を使用すると、製品のコストが非常に高くなります。
現在の市場のニーズを満たすために、Bordersunはプラスチックおよび金属製品の小ロット生産のためのソリューションを見つけました。
製品の動作環境や性能要件に応じて、お客様のコストを削減するために、注文数量ごとに異なる処理方法を選択します。
小ロット生産方法には、CNC機械加工、ポリウレタン鋳造、急速射出成形などがあります。試作品の数量が10個未満の場合は、通常、CNC機械加工を選択して試作品を作成します。数量が20個以上100個未満の場合は、通常ポリウレタン鋳造で試作品を製作します。数が100を超える場合は、プロトタイプを作成するために迅速な金型を作成することを検討します。